Andy Sheppard / Movements In Colour

Andy Sheppard / Movements In ColourECM 2062)
 

 カーラ・ブレイのバンドのサックス奏者のアルバムはツインギターにベースにタブラという変則的なリズムセクション中年音楽狂さんの日記、910さんのジャズCDの個人ページBlogでも取り上げられていて、どちらもなかなか高い評価をされている。 実はこの高評価を見て試聴し、買ったのだが、正直に言って、カーラ・ブレイディレクションの元で演奏しているシェパードしか知らないので、どんなことをリーダー作でやるのやらまったくわからなかった。そこでのシェパードの演奏が悪いとかじゃない。カーラ・ブレイとやっているミュージシャンはたいてい、その人のキャラクターがそのまま出るかでないか、どちらかにはっきり分かれる演奏/アレンジになっているのだ。*1

 で、コンボ(ロスト・コーズ)であってもシェパードの演奏はカーラ・ブレイのパレットの中にいるようにぼくには聞こえる。それでいいんだけど、リーダー作だといわれても、どうにもカーラ・ブレイ風以外の音楽は想像しにくい。高評価はあれど、アイヴィン・オールセットとアリルド・アンデルセンがいなくて、ECMじゃなかったら、まず聞いていなかったアルバムだ。

 そこにきてツインギタータブラだって?
 チャールズ・ロイドみたいに、インド/スピリチュアル方面に走るか、それともオールセットとアンデルセンの参加でエレクトリックジャズ(ちょっとオリエンタル風味)に行くかと思っていたら、まあ、それらの雰囲気もあるのだけれど、ほかのECM作品で思い浮かべたのはパット・メセニー80/81だったりします。サックスのフリーク・トーンからちょっと薄暗いテーマに入り、John Parricelliがアコースティック・ギターの哀感たっぷりなソロで聞かせる最初の曲は別として、あとは意外とフォーキーかつさわやか。たたき過ぎないタブラがこの適温感を出していると思う。燃えすぎてはこの味は出ない。
 パステルカラーで穏やかなサックスはカーラ・ブレイのときとそれほど変わっていない。 もともとこういう持ち味の人なのだろう。 フレーズ自体は浮遊しているのに安定感のあるアンデルセンのベースはいつもの通り良いですし、ロック系の泣きソロこそあまりとらないものの、エフェクトやエレクトロニクスを多用するオールセットの、薄く広がる感じと、John Parricelliの分散和音やはっきりとしたトーンがきちんと役割分担しているのを聞き比べるのも、アンサンブルとしてのまとまりを聞くのも楽しいです。 これは思わぬ収穫という感じで気に入った一枚だ。

 

Movements in Colour (Ocrd)

Movements in Colour (Ocrd)

 

 

*1:マイケル・マントラーがあんなに暗くて小難しい音楽を作る人だとは思いもしなかった。