読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Frank Zappa aaafnraaaa Birthday Bundle

ZAPPA 音楽

 ※はてなダイアリーの記事のリサイクルです。

 フランク・ザッパのお誕生日を記念してiTunes Store限定でリリースされるアルバムも3つ目になりました。

The Frank Zappa aaafnraaaa Birthday Bundle 「Anything Anytime Anywhere For No Reason At All, Again, Also」だってさ。 zappa.comに収録曲の詳細が載っています。

 今回もFZの蔵出し音源と、こどもたちをはじめとするカバーで構成されています。ただ、これまでとは異なり、10分を越す「天国への階段」と"The Torture Never Stops"は単独購入不可、アルバム一括購入のみになっているので注意。ええ、わたしゃ一括で買いましたよ。 以下、ツイッターの投稿に加筆したものですが、アルバムの感想。


 FZ蔵出し音源は、次の5曲。
 この中では、『黙ってギターを弾いてくれ』より長くソロが聞ける"Treacherous Cretins"が一番いいと思う。ソロが長いと、その分ザッパの色気たっぷりのギターに浸れるわけだからね。79年3月16日フランスでのライヴ。もちろんククルロ、ウォーリー、カリウタ入りのバンドだ。FZミックスなので、『黙ってギターを』のアウトテイクかと思われる。
 "City Of Tiny Lites"。「ヤブーティ酋長」バンドの1978年1月26日。「スタジオ版」および出たばかりの3枚組、Hammersmith Odeon 双方のソースになった公演だが、これはFZミックスではないので、ライブ3枚組の方のアウトテイクだろう(まだ届いてないので確認できず)。歌パートに戻る前のピアノのちょっとしたブレイクがすごくかっこいい。
 79年バンドからもう1曲、"Jumbo Go Away"。2月ハマースミスオデオンでのライブ。You Are What You Isで聞けるスタジオ版よりも、テンポはスローである。間奏の無調インストパートが長くてうれしい。エド・マンとカリウタが張り切ってます。ククルロのじゃりじゃりしたギターも聴ける。というかこの曲の肝はあそこだ。
 "My Guitar Wants To Kill Your Mama"は、88年バンド3月21日の録音。FZミックス。スコット・チュニスのベースがこりこりこりこりとおかずを入れております。
 最後はZEPの「天国への階段」。88年3月9日録音。ブート廃人を除けば、ザッパの天国への階段といえばレゲエのリズム、だったわけですが、The Best Band You Never Heard In Your Life とは異なり、このテイクはレゲエではありません。マイク・ケネリーによる、非常に正統的な、この曲の導入部のアルペジオが堪能でき、管楽器隊のギターソロ合奏の前にはFZのギターソロが入ってる。 ぼくはレゲエバージョン大好きですが、同じようなアレンジを商品化するってのは芸がないものね。 公式リリース2ヴァージョン目として、リズムアレンジが異なり(比較的、ZEPの元のに近い)、FZのギターをたっぷり楽しめるテイクが聞ける、というのはうれしいところだ。


 さて、残るカバーは、ドゥイージルがらみが3曲(うち2曲はザッパ・プレイズ・ザッパのライブで、あとはZPZをバックにメイシー・グレイが歌う)。アーメットがらみが2曲、"Willie The Pimp"のラップ版とか。それからHolland Grecoなる女性SSWと、メタリカのベーシスト、ロバート・トゥルヒーオが1曲ずつ。 ZPZのライヴは、「不死の子馬」と"Peaches En Regalia"の2曲。桃にはスティーヴ・ヴァイとナポレオン・マーフィー・ブロックがゲスト参加。桃はヴァイのギターにどうしても耳が行ってしまいます。ドゥイージル、演奏はうまいし、「不死の子馬」のギターソロはいいなあー、と思うのですが、もうちょっとFZ的世界から離れてもいいんじゃないかなあ。クラシックの古楽器演奏みたいですよね。 そういう意味では、Holland Grecoによる"Take Your Clothes Off When You Dance"がカバー曲では一番楽しく聞けた。もともとが「かわいらしい」曲で好きだったんだけど、ウクレレでさらに抜けてる。